パワーストーン

IMG_POwerStone

パワーストーンの恋愛における効用

恋愛している時は、誰しもが不安や孤独を抱えていると思う。
もちろん、恋をすると楽しいこともある。
好きな人によく思われたくてダイエットを頑張ったり、ファッションに気を配ったりと、恋愛は結果的に自分を美しくしてくれることもある。
好きな人に会えるだけで、心は弾み、気持ちも上向きになる。
だが、その反面、恋愛は心に暗い影も投げかける。
好きな人にどう思われているのか、恋がうまくいくのか。
自分がとても引け目のある存在に思え、とても好きな相手につりあわない気がしてしまう。
つい後ろ向きな気持ちになり、答えの出ない暗い疑問を抱えて、鬱々とした毎日を過ごす。
私も、片思いをしている時、世界で一人ぼっちのようなネガティブな気持ちを抱え込んでいた。
好きな人に振り向いてもらうために色々な努力をしたが、それに疲れると、精神的にとても辛くなる。
こんなことをしても何にもならないんじゃないだろうか、とか、もう彼には恋人がいるんじゃないだろうか、とか様々な悪い想像ばかりが頭を埋め尽くし、どうにも気分が晴れない。
こんな後ろ向きな気分でいたら、表情まで暗くなり、彼に振り向いてもらうどころではない。
頭ではそうわかっていても、どうにも気分の切り替えができないことがあった。
そういう時、ふとお店で恋愛に効くというパワーストーンを見かけた。
やわらかな淡いピンク色の、優しい感じの石だった。
私は、何気なくそれを購入した。
パワーストーンの効用に期待してというより、気休めに近い行動だったと思う。
何でもいいから、気持ちを上向きにさせてくれるものがあれば、という思いだったのだ。
恋愛に効くというそのパワーストーンを家に持ち帰り、しばらく手にとって眺めていた。
すぐに鬱々とした気持ちが晴れたわけではなかったが、それでも、私は何かほっとした気分だった。
この状況を打開したい、気持ちを上向きにしたい、という行動をとったことに、自分自身、安心したのかもしれない。
それからは、心が沈みがちな時は、この石を手にとり、心が落ち着くまでしばらく待ってみることにした。
そうすると、ひんやりとした手触りと優しい色あいに、何とはなく心が癒されるのを感じるようになった。
心が穏やかになり、気持ちが上向くのを感じた。
心に余裕ができると、行動や振る舞いにもそれは反映される。
好きな相手の前だと緊張してうまく話せなかったのが、リラックスしてたわいのない会話を楽しむことができるようになった。
友達にも「明るくなったね」と指摘されるほど、自分の中が変化したのを感じた。
結局は気の持ちようなのだと言われればそれまでなのだが、そうなるきっかけを与えてくれたのは、間違いなくパワーストーンだったと思う。
石の手触りや色は、直接的に心に響き、その精神に影響を与える。
だからこそ、これまで多くの人がパワーストーンを求めたのだと思う。
パワーストーンは、私に、状況を打破するきっかけを与えてくれた。
沈みがちな心を癒し、以前のような前向きな気持ちを取り戻させてくれた。
それが結果的には恋愛にもうまく作用し、自分を輝かせる手助けとなったのだと思う。
何か一歩踏み出したい、状況を変えたいと願っている人にとって、パワーストーンはその手助けをしてくれる存在ではないかと思う。