パワーストーン

IMG_POwerStone

パワーストーンのブレスレットで幸運が訪れました

パワーストーンを身につけていると、運気が上昇し、幸運が訪れるとよく聞きます。
私の周りにもパワーストーンのブレスレットを身につけている友人がいましたし、ファッションの一部として雑誌にもよく取り上げられていたので、私もその存在は知っていました。
でも実際のところ、それまではあまり必要性を感じたことがなく、パワーストーンを購入したことはありませんでした。
そんな私に、パワーストーンとの出会いが訪れたのは、社会人3年目を迎えた頃のことです。
その頃の私は、後輩を指導する立場になり、仕事量が増えて毎日クタクタに疲れていました。
元気だった母が突然病気で倒れて入院することになり、長年付き合っていた彼にも別れを告げられるという有様でした。
よほど落ち込んでいるように見えたのでしょう。
同僚が、気分転換に会社帰りに食事に誘ってくれました。
最初はあまり乗り気ではなかったのですが、私が前に行きたいと言っていたイタリアンのお店をわざわざ予約してくれていたので、ありがたく食事に行くことにしました。
イタリアンはとても美味しく、落ち込んでいた心が少しずつ和らいでいくような感じがしました。
その時です。
普段は気にも留めていなかったのに、同僚の腕に光っているブレスレットが、とても輝いて見えたのです。
同僚にブレスレットについて尋ねると、それがパワーストーンであること、購入したショップが近くにあることを教えてくれました。
同僚はとても優しい笑顔で、このブレスレットをしていると気持ちが落ち着くのよと言っていました。
私もブレスレットを購入してみようかなとふと思い立ち、同僚に教えてもらったショップに行くことにしました。
食事の後だったので、ショップの閉店間際だったのですが、スタッフの方はにこやかに対応してくださいました。
パワーストーンについてはあまり詳しくなかったため、スタッフの方に色々聞きながら選ぶことにしました。
最終的に私が選んだのは、誕生石であるガーネットでした。
直感で選んだような感じだったのですが、スタッフの方は、それがあなたにとって今一番必要な石ということですと言っていました。
その時は、そんなものかなとあまりピンとこなかったのですが、それからは毎日そのブレスレットを身につけていました。
ブレスレットを購入して3ケ月ほどたった頃、母の病気が良くなり、退院することになりました。
家族皆で喜びあい、心の重荷がとても軽くなったのを覚えています。
仕事量は相変わらずでしたが、仕事のペースをつかめるようになり、少しずつ余裕も出てきました。
何よりも嬉しかったのは、取引先の方との良い出会いがあったことです。
お付き合いを申し込まれ、自分に自信を取り戻すことができました。
後から知ったのですが、私が選んだガーネットは、困難を乗り越える力、深い絆や一途な愛の象徴を意味する石だったそうです。
あの時の自分がガーネットを選んだのは、そういうことだったのかと改めて思いました。
それ以来、そのブレスレットは私にとってなくてはならないものになりました。
昔の私のように、最近落ち込むことが多い、気分が晴れないという方は、一度パワーストーンを購入してみてはいかがでしょうか。
自分が直感で選んだ石を身につけていると、不思議と気持ちが落ち着きますし、頑張ろうと前向きになることができるのでおすすめです。