パワーストーン

IMG_POwerStone

波動を受けて体調を回復し、パワーストーンで気力が出ました。

10年以上前に精神的な疲れから体の調子が悪くなり、仕事もうまくいかない時でした。
知り合いのエアロビクスのインストラクターから紹介されたのが、気功の先生で、その先生は忙しいから一か月前から予約を入れないとなかなか見てもらえないというので、半信半疑ながら予約を入れてもらいました。
そして当日は知り合いも来てくれるはずだったのですが、用事が入ってこれないという事になり一人で行きました。
初めての経験なので緊張していたのですが、行ってみると40代くらいの男性の先生でとても笑顔が自然な物静かな人でした。
その先生に自分の状況を説明をしていた時に、突然話を途中で遮られたのです。
何かと思っていたら、その先生は気功でお金をもらっているが霊感も強いらしく、どうやらわたしに関係のある人物が昨日より来ているというのです。
何かわからなかったのですが、これはお金は関係ないから話を聞いて下さいと言うので、聞いてみると、わたしの兄の事や父のことを話してきました。
少し驚きましたが、来ている人物と言うのが、亡くなった祖父の事でした。
獣医をやっていた祖父は体を若いころに壊したので、わたしが物心ついたころには寝たきりだったのです。
その祖父が父のことを案じてわたしに助言をしたいという事でしたが、その気功の先生も本職が霊視などではないので、言っている言葉が聞き取りずらいと言うのです。
なんだか杖と言うことだけはわかったので、先生はわかることだけ話をするから時間は大丈夫なのか聞いてきたので、わたしはなんだか気になるので大丈夫と答えました。
先生の話では、何か父が祖父のことをすっかりと忘れてしまい父が困っているなら一度墓参りでも行った方がいいという事と、墓参りに行こうとわたしから言うのではなく、祖父の使っていた杖がしまってあるのですが、それを父に見せれば祖父を思い出して墓参りでも行こうとすると思うという事でした。
後は何がいいたいのか先生はわからないから申し訳ないと言っていたのですが、こちらの方が恐縮してしまい結局、気功の施術に入ったのが4時間後でした。
その時に初めて気功を受けましたが仰向けに寝て目をつヤって下さいと言うので少し怖かったのですが、目を閉じて足の方からゆっくりと温かい何かを感じてきて、一体何か温かいものでも当てているのかと思い、薄目で先生を見ましたが素手でわたしの体の上10センチあたりをゆっくりと動いているだけでした。
それは気功の先生の手より出てきた波動が肌の上で感じられてきて、そのうちに勝手に腕が動き出したので、本当にびっくりしました。
こんなことが自分の身体に起きているのが不思議でしょうがなかったのですが、現実に起きているので信じるしかない気功の初体験でした。
腕が動いたのが気がホースの捻じれのようになっていたから、気の流れが元に戻ったというのです。
かなりの時間お邪魔してしまい申し訳なかったのですが、先生が自分が勝手に言いだした事だからとお金はいらないといってきたのです。
それではさすがに申し訳ないので、扱っているパワーストーンを買いますと言って、自分に必要な気力と健康に効力がある8000円くらいするものを購入しました。