パワーストーン

IMG_POwerStone

誕生石が持つパワーストーンとしての力の強さ

生まれた月が8月なので誕生石はペリドットです。
ペリドットは澄んだ黄緑色をしている宝石の一つであり、パワーストーンとしても用いられています。
しかも他の誕生石よりも安価で購入できることが多い石になります。
そのため、誕生日にはペリドットの指輪をプレゼントされることが多かったです。
また記念日にはペリドットのネックレスをプレゼントされていました。
しかし正直、8月の誕生石であるペリドットはあまり好きではありませんでした。
それは他の月の誕生日の石はダイヤモンドやオパールなど高級な宝石だったからです。
そして、それをとても羨ましく思っていました。
プレゼントされた時はペリドットがパワーストーンとして他の石に劣らない力をもっていることを知りませんでした。
ペリドットをプレゼントされた時代は、約20年以上前の20代の頃で、その当時はあまり誕生石にパワーストーンという力が込められていることはあまり知られていなかったような気がします。
その当時、誕生石を誕生日に贈るということは現在と変わらない時代だったと思います。
ただし水晶を身につけていた方は多かったような記憶があります。
私も水晶を身につけた一人です。
ただ水晶にどのような力があるのかは詳しくは分かっていませんでした。
水晶を身につけることによって何となくトラブルから身を守ってくれるような気がしていました。
また水晶をプレゼントしたこもあります。
20代の頃にプレゼントされたペリドットの指輪やネックレスは身につけることなくタンスの奥にしまい込んでいました。
そしてパワーストーンにはその力に寿命があることも知りませんでした。
ペリドットの力にはポジティブに生きることができるパワーを知ったのは30代前半の頃です。
8月の誕生月の石だけあって太陽のパワーを秘めた石だということを知りました。
その頃は、仕事のステップアップのために転職をした時期でした。
同じ業種でありながら、仕事内容が格段に難しくなった時期でもありました。
そのような時にたまたまプレゼントされたのがペリドットをストラップにした物でした。
かばんに付けることができたのでお守りのように持ち歩いていました。
ペリドットはポジティブに生きることができる上にプレッシャーからも身を守ってくれる力もあります。
よく自分で作成した書類を取引先に説明をする時はペリドットのストラップを握りしめていました。
また書類を作成する時にもペリドットを眺めていた記憶があります。
そうすると何だか自分の考えがまとまるような気がしたからです。
澄んだ黄緑色のペリドットは光にあてるとキラキラと輝いて太陽が持つ力を与えてくれるような気がしていました。
またペリドットには人間関係が良好に保てるような力も併せ持っています。
仕事に行き詰った時や人間関係が良好に保てるようにお守りとして持っていたのがペリドットになります。
何かに頼りたい時にはパワーストーンは人の心理に訴えかける効果があると思っています。
身につけたり、見るだけでもその力を得ることができると思っています。
そして誕生月の石には、それぞれ持っている力の意味があります。
しかし高級な宝石でも安価な宝石でも、その力に優劣があるものではありません。
それぞれの石が同じような強いパワーを持っているのが誕生石になります。
誕生日に誕生石をプレゼントされた時は身につけることによってその石のパワーを享受することができます。