パワーストーン

IMG_POwerStone

良くある疑問、複数のパワーストーンを身につけることについてと注意点

古来より、身につけることで願いを叶えたり健康をもたらす不思議な力があるとされてきた天然石を、パワーストーンと呼びます。
パワーストーンの歴史は古く、紀元前のメソポタミア文明やエジプトのピラミッドなどの遺跡からこれらが発掘されたという記録もあり、当時は、魔よけのお守りや儀式の際の重要な役割を担うものとし、珍重されていました。
また、エジプト文明の頃では、王の墓であるピラミッドから発掘されたミイラの身に、宝飾品としてつけられていたそうです。
このように、昔から、パワーストーンには不思議な力が宿っているとされ、身分の高い人しか身に付けられないような特別な存在であったのです。
その後、ヨーロッパやアメリカ、アジアなどにも広がり、日本においても祭祀の際にそれらの石を使用したり、「古事記」や「日本書紀」のような書物にも、不思議な力を持つ石のことが書かれています。
現在では、パワーストーンをファッションアイテムとして、おしゃれ感覚で身につける若者が増えており、注目されています。
そこで良くある疑問が、「同時に複数の石を身につけても大丈夫なのか」というものです。
パワーストーンは、その種類がとても多く、その一つ一つがさまざまな意味を持っていますが、石同士にも実は相性があります。
とは言っても、お互いに悪影響を及ぼすような関係はほとんどないようです。
また、石自体には、実は特殊なパワーはありません。
これを聞いて驚く方も多いかもしれませんが、石を持つことで、その人の持つ願いや思いが石に伝わり、その時点で初めてパワーストーンが力を発揮するのです。
つまり、石はただ持っているだけでは効果がありません。
定期的に浄化をすることや、まめに拭くなどのケアをすること、また、大切なパートナーですから、お風呂に入る時以外はなるべく24時間身につけていることが大切なのです。
とはいえ、あなたの願いを叶えてくれる大きな手助けにはなりますから、できるだけいい相性のものを選んで身につけたいと思うのは当然です。
そのために心がけたいのが「欲張りすぎないこと」です。
例えば、自分でブレスレットを作るときには、さまざまな石を組み合わせて作りますが、恋愛運や金運、仕事運などに効果的なものを何でも組み合わせてしまうと、石も本来の効果が発揮できずに混乱してしまいます。
ですから、願い事をある程度絞って、その願いに合わせたものを中心に選んでいくことが大切です。
叶えたい願いがたくさんある人は、複数のアクセサリーを所有し、その時叶えたい願いに合わせて付け替える事がお勧めです。
実際私も、恋愛運や女性としての魅力を高めるような石ばかりを選んだアクセサリーや、仕事運や金運の向上に効果的な石を中心にを選んだものなど、数種類を所有しています。
複数の石を組み合わせるときは、安定した波動を持つ「水晶」を入れることで、パワーのバランスが取れるので、どのアクセサリーにも必ず取り入れるようにしています。
数種類所有していると、なかなかすべてを肌身離さず身につけているわけにはいかないので、使わないときは、きれいな白い布をひいた藤のバスケットの中に入れています。
収納の際は、木や植物のつるなど、自然素材を使ったものの中に入れることで、石の持つパワーが持続するそうです。
参考にしてみてください。