パワーストーン

IMG_POwerStone

パワーストーンで縁切りをしたい場合

パワーストーンはその石の持ち主を守って導いてくれるものです。
ですから本来はこうしたい、こうなりたいという願いを叶えるためのお手伝いをしてもらうような役割があります。
恋愛であったり、仕事、家庭、友人などでなんとかうまくいかせたいという場合に多くの人はパワーストーンの力の助けを借りることがあります。
私も今おつきあいしている人との恋愛や結婚に関してずっと悩んでいることがありましたので、恋愛や結婚、それから女子力アップして魅力的な女性になれるようにと石を選び、今も身につけています。
では逆に縁切りをしたい場合はどうすればいいのかという疑問が出てきます。
どういうものと縁切りをするかはその人それぞれで違いますが、不倫であったり離婚したいということであったり、他には悪い習慣や嫌な人との縁、何かに対する依存症、魔よけなどがあります。
例えばダイエットをしている時に甘いものを食べすぎているのでそれを絶とうと思ったら、縁切りのパワーストーンを利用してみるのも一つの手なのです。
私はダイエットをしていることがしょっちゅうありますが、つい甘いものの誘惑に負けてしまい長続きしたことがありません。
それに一時的に嫌なことが続いたことがあったのでとても不安になっていました。
外へ自転車で出かける度ノ自動車と軽い衝突をしていたからです。
幸い大きな怪我をすることはなく、打ち身や捻挫くらいの怪我でしたが、これがあまりにも続き、毎度同じシチュエーションだったのでさすがに怖くなってしまいました。
家族にもそこまでぶつけられるのもおかしいと言われました。
そこでそういう悪い縁は切って、魔よけなどの意味でも縁切りのパワーストーンを身につけようと考えたのです。
母や姉妹もパワーストーンが大好きでよくお店へ行ってましたので、いろんな石の中から一つのストーンを選びました。
それはバラの形をした珍しい石でした。
人間の手で削られたわけではなく、その石そのものがバラのような形で成形されているのです。
その石は水のミネラル成分からできています。
新しい愛や生活をしたい時にはぴったりな石です。
ただしこれは壊れやすいので丁寧に扱う必要があります。
それはネックレスなどにはなっていないので小さな石用の布袋に入れて毎日持ち歩きました。
毎日着替える度にその服にしのばせておくのが一番ですが、どうしても難しい場合はいつも持ち歩くものである財布などに入れておいたりお手製でヒモと小さな袋をつなげて首から下げておくというのも良いです。
悪運と縁切りしたいと願うようになってから2か月ほどたった時に外へ出かけても全くそういう事故にあうことがなくなりました。
ビックリするほどピタっとなくなったのです。
それまで何度もぶつけられていたので、その恐怖はしばらく残っていましたが、その恐怖がなくなった頃にはパワーストーンが割れてしまいました。
パワーストーンはその役目を終えると割れたりすることがあるのだと聞きました。
それで私は石に感謝の気持ちを伝えて土に埋めてあげました。
もともとは自然の中で出来たものなので、もし可能ならば山や川、海などの自然がある場所で土に埋めてあげると良いです。
どうしても埋める場所がない場合は粗塩と一緒に紙に包んで燃えないゴミで出すのが良いです。