パワーストーン

IMG_POwerStone

パワーストーンの指輪を作ってみよう

何年か前から趣味としていたことがあります。
それはビーズでアクセサリーを作ることです。
簡単にできるものからちょっと複雑なものまでいろいろありますが、たいていは指輪にすることが多かったです。
一番身につける機会があるからです。
材料は100円均一で手に入れることができましたし、細々とする作業は大好きなのでとても楽しく作っています。
いろいろ悩んでいたこともあったので、ビーズとパワーストーンを使チて指輪を作ることにしました。
手芸屋さんでは指輪の作り方などを書いたものを無料で配布してくれていたのでそれを利用しました。
ビーズの指輪は作り方によっては上品に仕上げることができるので、パワーストーンを使って少しフォーマルな場所でも使えるものを作りたいと考えました。
使った石は私がいつも願っていることである女性らしさをアップするパワーがあるものにしました。
鮮やかなピンク色と紫色のストーンを使ってそえぞれ指輪を作りました。
その日の気分によってつけるものを変えることで全体的なイメージを変えて楽しむことができます。
つける指によっていろんな意味があるのを知りました。
例えば結婚や婚約では薬指につけますが、この指につけることで愛情や絆を深めるという意味があります。
また小指は願い事が叶ったり恋愛運が上がったり、新たな出会いが欲しい時につけると良い場所です。
私はアクセサリーを作る時にはゴム製のひもを利用しているのである程度のサイズ調整はできるため、どの指につけることも出来たのが良かったです。
特に恋愛関係に悩むことが多かったので、小指につけていることも多かったのです。
手作りのパワーストーンの指輪を身につけているとその部分からポワっと温かいものが広がってくるように感じました。
つけていて穏やかな気持ちになれるので、その石と私は相性が良いということです。
もし相性が合わない場合はその石を持っただけでなんとなくぞわぞわとした気分になります。
もしアクセサリーを作りたいなという時があったらまず石を選ぶ時に気になるものを手に握ってみてください。
そうすると相性といいますか、この石ならパワーがもらえそうというのがわかります。
体に身につけるものですから相性が良い物を選ぶにこしたことはありません。
パワーストーンのアクセサリーであれば簡単にできるネックレスを作るというのも一つの手です。
指輪だと仕事上都合が悪いという方や家事をする時に邪魔になるような方はそちらのほうがオススメです。
ネックレスならば心臓に近い位置につけることができますので、心臓の病気がある方などにも贈り物としてあげるのも良いです。
こういうアクセサリーも毎日身につけていると石が疲れてきますので、時々浄化をしてあげます。
お皿などに石を乗せて流水で5分ほどさらしたりA日光や月光にあてたり、あとはセージの葉をいぶしてその煙でいぶすなど様々な方法がありますから、そのパワーストーンに合う方法でやってみてください。
やってはいけない方法も石によってありますので必ず確認をしてからにしてください。
手作りアクセサリーを身につけるようになってから自分に自信をもつことができるようになったので毎日をとてもポジティブに過ごせています。
次は家族や友人のために作ってあげるつもりです。